カテゴリ:読書( 243 )

【 読み終えた本:キララ、またも探偵す。 】10月15日

 『キララ、またも探偵す。』竹本健治:著 (文藝春秋:刊)

 2008年5月初版発行。ソフトカバー。シリーズ2冊目の短編集。3つの短編と1つのショートショートが収められています。
 アニメ絵が表紙のラノベです。ラノベなので、不自然な話運びや僕という一人称描写の変なところは、気にするだけ無駄です。単純にドタバタなストーリィを楽しみました。
 人間とまったく同じに見えるアンドロイド(人型ロボット)が存在する世界という設定のSFです。第1話の「キララ、失踪す。」と第2話の「光瑠、探偵す。」は、ミステリィの要素も有りますが、第3話の「キララ、赤面す。」は、エロ要素たっぷりのバカ話です。第4話のショートショートの「雨の公園で出会った少女」は、たいした内容も無い、雰囲気を楽しむ作品でした。
 前作を読んでいれば、楽しめる作品でしたが、面白さは前作のほうが遥かに上でした。図書館で借りて読んだのですが、買わなくて良かったです。その程度の面白さでした。


a0154706_12355598.jpg
▲大阪府内にて。
使用カメラ:キヤノン IXY 220 IS
[PR]
by chel-c2009 | 2013-10-15 12:37 | 読書

【 読み終えた本:努力しないで作家になる方法 】10月14日

 『努力しないで作家になる方法』鯨統一郎:著 (光文社:刊)

 2011年6月初版発行。鯨氏が作家デビューするまでのドキュメントふうのノンフィクションに限りなく近いフィクション作品で、作家になるためのハウツー物ではありません。
 この本を読むと、鯨氏がかなり努力していた事が分かります。そういう意味では、タイトルに偽りありと言えますが、「本人が好きでやっている事や最低限必要な事は、努力ではない」という事でしょう。
 例えば、芸人がネタ帳に思いついたネタを記すのは、やって当たり前の事であって、”努力”では無いですし、僕自身も、ポートレート写真を真剣に勉強していた当時、毎月100冊近くのポートレート写真関連の本(カメラ雑誌、女性ファッション誌、漫画グラビア誌、エロ系雑誌など、書店に置いてある人物写真が載っている本の全て)を10年間ほどチェックしていましたが、そのための時間は苦にならず、”努力”という意識はまったくありませんでしたから、鯨氏もきっとそうなのでしょう。
 自伝を自分で書いている作品にしばしば見られる自慢話がほとんど出てきません。その点に好感を持ちました。小説として読んでも面白かったです。
 この作者が多作な理由も、この作品を読んで判りました。読者には伺い知れない作家修業の様子が分かったのも収穫でした。
 しかし、各章で重複する内容が多かったのが残念でした。


a0154706_7213913.jpg
▲大阪府内にて。
使用カメラ:キヤノン IXY 220 IS
[PR]
by chel-c2009 | 2013-10-14 07:22 | 読書

【 読み終えた本:竹馬男の犯罪 】10月12日

 『竹馬男の犯罪』井上 雅彦:著 (講談社ノベルス)

 1993年8月初版発行。ホラー作家のミステリィ小説のデビュー作。
 とにかく小説の技術がヘタ過ぎる。視点の固定ができていなくて、三人称、神の視点、作者の視点がチャンポンされていて、一場面一視点も守られていない。なまじっか、語彙が豊富なだけに始末が悪く、とにかく分かりにくかった。
 三人称で書かれている文章で、偽名を使っている人物の名前を地の文で偽名のまま表記するのは、推理小説ではルール違反。未来に起きる事が地の文で書かれているのも変。
 あまりの文章の下手さに、伏線を読み取る事を断念して、斜め読みで読み飛ばすが、物語の構成もヘタで、筋を追うのにも苦労した。
 独特の世界観なのだが、文章が下手なせいと、無駄な描写が多くて、その世界に入り込めなかった。あとがきに「最後にサプライズがある」と書いていなければ、途中で読むのを止めていただろう。
 そのサプライズも、バカミスに近いトリックが使われていて、それ自体は驚きだが、文章と構成が下手なのでサプライズが活かし切れていないのが残念。
 文章に勢いがある島田荘司氏やケレン味のある作風の三津田信三氏あたりがリライトすれば、素晴らしい作品になったと思われるだけに、とても残念だ。
 今後、この作者の作品は読まないと思う。



a0154706_7435697.jpg
▲大阪府内にて。
使用カメラ:キヤノン IXY 220 IS
[PR]
by chel-c2009 | 2013-10-12 07:47 | 読書

【 読み終えた本:風景を見る犬 】10月11日

 『風景を見る犬』樋口有介:著 (集英社:刊)

 2013年8月初版発行。
 沖縄を舞台にしたミステリィ。樋口作品によくある設定で、少し醒めた男子高校生の主人公とちょっと生意気な美少女が、この作品にも登場します。主人公の周りには不自然なくらい、いい女だらけというのも、いつも通りです。
 この作品では、料理を作る場面がたくさん出てきて、それがすべて美味しそうで、読みながらお腹が空きました。そして今回も、タイトルの付け方が巧いと思いました
 沖縄が舞台なので、沖縄の県民性や問題点が書かれていました。特に、ちゃらんぽらんで雑で利己的だという、良く言えば、おおらかな沖縄人に対しての作者の分析が的確で、沖縄の人がこの作品を読むと、気を悪くしそうです。
 主人公を取り巻く人々と共に、連続して起こる殺人事件の謎を解き明かしていきます。登場人物の数は少ないですが複雑な人間関係とミスリードで、作者は巧く犯人を隠しています。ヒネリも複数回あり、とても面白かったです。
 ただ、主人公が作者都合で不自然な行動をとる場面があった事と、”僕”の一人称なのに、地の文での説明セリフがたくさんあった事が、少し気になりました。又、利己的な殺人者が罪に問われない終わり方が残念で、そういう意味では読後感は良くないです。



a0154706_18534715.jpg
▲大阪府内にて。
使用カメラ:キヤノン IXY 220 IS
[PR]
by chel-c2009 | 2013-10-11 19:00 | 読書

【 読み終えた本:ミステリ☆オールスターズ 】10月7日

 『ミステリ☆オールスターズ』本格ミステリ作家クラブ編 (角川書店:刊)

 2010年9月初版発行。ソフトカバー。23人の作家の短編と5人の作家のリレーミステリィから構成されているアンソロジーです。
 印象に残った作家の作品だけ、感想を書きます。

 『水密密室』汀こるもの:著
 ユーモアミステリィです。タナトスシリーズの短編です。短編でも、汀こるもの節はいつも通りでした。密室で殺人事件が起こり、水槽が事件のキーポイントになるのは、汀こるもの作品ならではです。タナトスシリーズのファンならば楽しめる作品ですが、そうでなければ評価は低いかもしれません。

 『二毛作』鳥飼否宇:著
 ユーモアミステリィです。アリバイ崩しと見せかけて、じつは……という趣向がユニークで、面白かったです。

 『羅漢崩れ』飛鳥部勝則:著
 ホラーミステリィです。「消えたバラバラ死体の謎」と「人物を誰も見ていないパターン」の組み合わせです。謎解きは強引ですが、伏線もきちんと貼ってあり、ラストのヒネリが秀逸でした。今回収められていた作品の中で、この作品が一番、面白かったです。

 『密室の鬼』辻真先:著
 ユーモアミステリィです。シナリオ形式で書かれています。謎は「密室からの消失」です。主人公がじつは……の趣向がとても面白かったです。アニメ作品のシナリオを数多く書いてきた作者の面目躍如でした。

 『ある終末夫婦のレシート』柄刀一[つかとう はじめ]:著
 夫と妻、それぞれの買い物のレシートだけで、読者に殺意と事件を想像させる実験的な作品ですが、「それがどうしたの」というのが僕の感想です。印象には残りましたが、面白くなかったです。

 『完全無欠の密室への助走』早見江堂[はやみ えどう]:著
 同じ作者の『本格ミステリ館焼失』という作品を書店で見かけて以来、気になる作家だったのですが、ネットでの評価がものすごく悪かったので、手が出せませんでした。今回の短編で試しが出来て良かったです。サスペンスミステリィです。”僕”の一人称なのに地の文で説明セリフが多く、物語自体も薄っぺらくて面白くありませんでした。どうやらネットでの酷評は正しそうです。尚、矢口敦子という別名でも小説を書いているそうですが、そちらの作品も読む気が無くなりました。

 『【静かなる男】ロスコのある部屋』早見裕司:著
 ユーモアミステリィです。この作者の名前は、このアンソロジーで知りました。美術館が舞台で、陳列ケースのガラスが割られて中の宝石が盗まれずに、逆に宝石がひとつ増えていたという謎がメインです。唖の男性が探偵役で、その手話通訳の女性がワトソン役というのがユニークです。良くできたミステリィで読後感も良かったので、他の作品も読んでみたくなりました。


a0154706_1255466.jpg
▲大阪府内にて。
使用カメラ:キヤノン IXY 220 IS
[PR]
by chel-c2009 | 2013-10-07 12:07 | 読書

【 読み終えた本:ダナエ 】10月3日

 『ダナエ』藤原伊織:著 (文藝春秋社:刊)

 2007年1月初版発行。美術界や広告業界にたずさわる人が主人公の三つの物語が収められた短編集。とても面白かった。
 どの物語も殺人事件は起きないが、謎があり、謎解きがある。ジャンルはミステリィ。
 どの物語も構成にヒネリが利いており、最後まで飽きること無く読めた。
 どの物語も有り得なさそうな話を説得力のある文章でありそうな話に変えていた。
 どの物語も仕事の出来る人間が登場するので、読んでいて気持ちが良かった。
 どの物語もほろ苦い終わり方だが、読後感は良かった。
 一人称描写の弱点をちゃんと理解していて、説明は全部会話の中に入れたりなどの工夫がされている事に感心した。プロが書く小説としては、この程度の技術は当たり前の事なのだが、ほかの作家の小説では出来ていない場合がとても多い。小説家の文章レベルが低くなっているのは、事前に作品をチェックする編集者が原稿を受け取るだけのサラリーマン化している事も一因だろう。
 CM撮影で起用した歌舞伎役者をタクシーで迎えに行ったら、ハイヤーでない事にヘソを曲げて撮影現場に来なかったという裏話的なエピソードが印象に残った。作者の実体験だろうか。


a0154706_6121467.jpg
▲大阪府内にて。
使用カメラ:キヤノン IXY 220 IS
[PR]
by chel-c2009 | 2013-10-03 06:13 | 読書

【 読み終えた本:GOTH 番外編 】9月28日

 『GOTH 番外編《森野は記念写真を撮りに行くの巻》』乙一:著 (角川文庫)

 2013年7月初版発行。
 映画化に便乗して2008年12月に『GOTH モリノヨル』として、新津保建秀氏の写真とコラボして出版された短編1つの文庫化です。文庫化に際して、写真をバッサリ落として小説だけになりました。出版社の判断は正解です。写真がまったく面白くありませんでしたから。あの程度の写真で報酬を貰えるなんてうらやましいです。
 削られた写真と違って物語は、とても面白かったです。ジャンルとしては、サスペンス・ミステリィです。今回の視点人物はシリアルキラーのカメラマンですが、森野の友人の男性(探偵役)の突き抜けてドライなキャラが今回も活きていましたが、本編の『GOTH』を先に読んでいないと面白さは半減すると思います。


a0154706_1375099.jpg
▲大阪府内にて。
使用カメラ:キヤノン IXY 220 IS
[PR]
by chel-c2009 | 2013-09-28 13:08 | 読書

【 読み終えた本:小説に書けなかった自伝 】9月27日

 『小説に書けなかった自伝』新田次郎:著 (新潮文庫)

 2012年6月初版発行。タイトルからも判るように、自著を年代順に解説した自伝的エッセイです。本屋でたまたま手に取って、試し読みしたページの内容が面白かったので、衝動買いしました。
 この作者の小説は、これまで1冊も読んだ事がありません。そのため、新田次郎については、山岳小説家で、『つぶやき岩の秘密』という子供向きの小説の作者という知識しかありませんでした。
 締め切りを絶対に守るのがプロだという、作者の几帳面さと仕事に対する志には共感できましたが、省庁勤めのお役人の傲慢さが鼻持ちならなかったです。人間的には僕の嫌いな部類に入ります。
 自分で書いている自伝作品にしばしば見られる特徴が、この作品にも当てはまりました。自慢話がしばしば出てきて、鼻につくのです。
 文章も、このエッセイを読む限りでは、巧いとは思えませんでした。むしろ、悪文でしょう。
 全体的には、時間つぶしになる程度には面白かったです。
 しかし、この作家の傲慢な人間性は僕には合わず、そんな人の書いた小説は、読む気が起きません。山岳小説だけでなく、推理小説も書いているようですが、この自伝を読む限りでは面白くなさそうです。


a0154706_6183532.jpg
▲大阪府内にて。
使用カメラ:キヤノン IXY 220 IS
[PR]
by chel-c2009 | 2013-09-27 06:21 | 読書

【 読み終えた本:ウンター・デン・リンデンの薔薇 】9月26日

 『ウンター・デン・リンデンの薔薇』栗本薫:著 (角川文庫)

 2001年7月再版発行。(初版は2000年3月)《六道ヶ辻シリーズ》の第2巻目。第1巻が面白かったので、遅ればせながら購入しました。
 事件は起こりますが、ミステリィとしては味がとても薄いです。大正時代の女学校を舞台にしたGL (ガールズラブ)小説と言ったほうがしっくりします。もしくは、犯罪小説でしょうか。
 講談を口述筆記したような、だらだらとした締まりのない文章で、それが栗本薫調と言えなくもないですが悪文です。視点を無視した文章は、慣れるまでは読みにくいです。
 話自体はたいへん面白かったですが、それもラスト前まででした。ラストは独りよがりで腰砕けに終わって、がっかりしました。とりあえず、この《六堂ヶ辻シリーズ》を追うのはここまでにします。
 尚、菫[すみれ]と言う漢字くらいはルビを打って欲しかったです。


a0154706_636209.jpg
▲大阪府内にて。
使用カメラ:キヤノン IXY 220 IS
[PR]
by chel-c2009 | 2013-09-26 06:38 | 読書

【 読み終えた本:N・Aの扉 】9月25日

 『N・Aの扉』飛鳥部勝則:著 (新潟日報事業社)

 1999年11月初版発行。この作者の初期の作品です。
 込み入った構成のメタ・ミステリィです。”閉じる物語”を力技で完成させています。主人公が書いた小説の習作を読んだ友人の批評だけを読者に提示して、その習作の全体を読者に想像させる趣向は面白いと思いましたが、面白いと思ったのはその部分だけでした。
 ”閉じる物語”という仕掛けにこだわり過ぎて、肝心の物語そのものが全体的に盛り上がりに欠けており、その仕掛け自体も作者の空回りでした。やりたいことは分かりますし、うまく決まれば面白いとは思いますが……。
 マイナーな出版社のせいで、僕の生活圏の中にある書店には置いておらず、入手する事が困難だった作品ですが、最初にこの作品を読んだとしたら、きっと他の作品には手を出さなかったでしょう。他の作品はどれも僕好みで、とても面白かったので、この作品がマイナーな出版社から出ていて良かったと思いました。



a0154706_7295753.jpg
▲大阪府内にて。
使用カメラ:キヤノン IXY 220 IS
[PR]
by chel-c2009 | 2013-09-25 07:30 | 読書


風景スナップと日常と趣味


by chel-c2009

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

2009年12月24日開設

関西在住
性別:男性

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【趣 味】
☆写真撮影

ポはポートレートのポ
↑ポートレートのブログ

mixi
↑風景スナップの
アルバムがあります。


◆撮影機材
 キヤノン
  パワーショットG9
 キヤノン
  パワーショットG16
 キヤノン
  IXY DIGITAL 220 IS
 キヤノン
  EOS30D

☆読書(推理小説)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【好きなもの】
 漫才、落語などの演芸
 動物(特に猫)

カテゴリ

全体
写真
スナップ
読書
雑談
落語
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新の記事

【残暑お見舞い2017】8月..
at 2017-08-17 21:10
【暑中お見舞い2017】7月..
at 2017-07-16 11:29
【さくら】4月9日
at 2017-04-09 15:19
【グリーティング】2月5日
at 2017-02-05 12:07
【 年賀2017 】1月1日
at 2017-01-01 00:25

検索

タグ

(1346)
(1022)
(980)
(752)
(198)
(188)
(155)
(123)
(113)
(83)
(73)
(65)
(64)
(55)
(45)
(33)
(18)
(15)
(8)
(6)

ブログ解析

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
日々の出来事

画像一覧