【 印象に残る推理小説 】

 特に印象に残っている推理小説は、『瀬戸内海殺人事件』草野 唯雄[そうの ただお]:著と『透明な季節』梶 龍雄[かじ たつお]:著の2冊です。
 『瀬戸内海殺人事件』は、文庫本だったこともあり、何気なしに買ったのですが、あからさまな伏線と真犯人にやられました。読んでいて、あからさまな伏線の部分の表現の仕方がおかしいなと思っていたのですが、そういう表現をした理由までは気がまわりませんでした。真犯人を推理するための手がかりだというのが謎の解明時にわかって、びっくりするやら感心するやらでした。
 『透明な季節』は、江戸川乱歩賞受賞作品ですが単行本の時には買いませんでした。選評を読んでみてもピンとくるものがなかったからです。のちに文庫本で発売された時に、ちょうど読む本がなかったこともあり、乱歩賞を受賞した本ならハズレはないだろと思い買いました。
 読んでみてびっくりしました。主人公の境遇や物の考え方が学生時代の僕によく似ていたのです。この小説がドラマ化されたら、台詞を一切覚えなくても自然に登場人物になりきれて適切な台詞が言え、適切な行動が出来る自信があるくらいでした。今でも何か不思議な力が働いて、文庫本を買わせたような気がします。推理小説は再読をしない僕ですが、この本を含むシリーズ3部作(透明な季節、海を見ないで陸を見よう、僕の好色天使たち)は毎年のように読み返しています。

 ほかに、辻 真先[つじ まさき]の『仮題・中学殺人事件』に始まる、朝日ソノラマ文庫のミステリィシリーズは、そのトリッキィさで印象に残っています。

a0154706_20414072.jpg
▲大阪府内にて。
後ろ姿というのは、よく撮るモチーフのひとつだったりします。
ヘタをすると写真が弱くなるのですが…。
使用カメラ:キヤノン IXY 220 IS
画像をクリックすると少しだけ拡大表示されます。
[PR]
by chel-c2009 | 2010-02-05 20:47 | 読書


風景スナップと日常と趣味


by chel-c2009

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自己紹介

2009年12月24日開設

関西在住
性別:男性

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【趣 味】
☆写真撮影

ポはポートレートのポ
↑ポートレートのブログ

mixi
↑風景スナップの
アルバムがあります。


◆撮影機材
 キヤノン
  パワーショットG9
 キヤノン
  パワーショットG16
 キヤノン
  IXY DIGITAL 220 IS
 キヤノン
  EOS30D

☆読書(推理小説)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【好きなもの】
 漫才、落語などの演芸
 動物(特に猫)

カテゴリ

全体
写真
スナップ
読書
雑談
落語
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新の記事

【残暑お見舞い2017】8月..
at 2017-08-17 21:10
【暑中お見舞い2017】7月..
at 2017-07-16 11:29
【さくら】4月9日
at 2017-04-09 15:19
【グリーティング】2月5日
at 2017-02-05 12:07
【 年賀2017 】1月1日
at 2017-01-01 00:25

検索

タグ

(1346)
(1022)
(980)
(752)
(198)
(188)
(155)
(123)
(113)
(83)
(73)
(65)
(64)
(55)
(45)
(33)
(18)
(15)
(8)
(6)

ブログ解析

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
日々の出来事

画像一覧