【 読み終えた本:三匹の猿 】1月25日

 『三匹の猿 《私立探偵飛鳥井の事件簿》』笠井潔:著 (ベネッセ:刊)

 1995年3月初版発行。私立探偵が主人公の一人称のハードボイルド作品。
 私や俺と言う人称代名詞を使わない文体がユニーク。そして、「?」や「!」という日本語じゃないマークを使っていない事も異色だ。文章に、こだわりがあるように思えるのは、この小説が発表されたのが「海燕」というガチガチの文芸誌だからだろうか。そしてそのせいか、娯楽小説としての文章力が低く、事件の構造が解りにくかった。
 物語の5分の4が進んだ時点でやっと殺人事件が起きるが、それまでは登場人物に魅力がないので、非常に退屈だった。又、調査をする過程で、聞き込みした人物から気になる話が出てくるが、時間が無いという理由で探偵が話を違う方向に進める。そしてその気になる話が後々に伏線になるという手法が2回も出てくる。これは作者都合で、興醒めだった。
 残りの5分の1で、ヒネリのある展開になって面白くなったのが、唯一の救いだったが、探偵にうまく謎を解かせることができなかったせいで、事件の構造の謎解きが犯人の遺書になってしまったのが残念。どうやら、事件の構造を複雑にし過ぎて、作者自身の手に負えなくなったように思える。しかも、その遺書が詳し過ぎて不自然だったし、作者の文体と同じだったのは、興醒めを通り越して呆れた。遺書の文体をそれを書いた作中人物のキャラに合わせないのは、作者の手抜きだと思う。
 この作品は単行本で買って損したと思った。文庫本で充分だった。
 どうでもいい事だが、ベネッセコーポレーションは、旧社名が福武書店で、単行本なのにスピン (栞紐[しおりひも])が付いていなかったり、文字の印刷がかすれて読みにくかったり、造本としてワンランク下の印象を受けた。


a0154706_162284.jpg
▲京都市伏見区にて。
使用カメラ:キヤノン IXY 220 IS
[PR]
by chel-c2009 | 2014-01-25 16:03 | 読書


風景スナップと日常と趣味


by chel-c2009

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自己紹介

2009年12月24日開設

関西在住
性別:男性

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【趣 味】
☆写真撮影

ポはポートレートのポ
↑ポートレートのブログ

mixi
↑風景スナップの
アルバムがあります。


◆撮影機材
 キヤノン
  パワーショットG9
 キヤノン
  パワーショットG16
 キヤノン
  IXY DIGITAL 220 IS
 キヤノン
  EOS30D

☆読書(推理小説)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【好きなもの】
 漫才、落語などの演芸
 動物(特に猫)

カテゴリ

全体
写真
スナップ
読書
雑談
落語
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新の記事

【残暑お見舞い2017】8月..
at 2017-08-17 21:10
【暑中お見舞い2017】7月..
at 2017-07-16 11:29
【さくら】4月9日
at 2017-04-09 15:19
【グリーティング】2月5日
at 2017-02-05 12:07
【 年賀2017 】1月1日
at 2017-01-01 00:25

検索

タグ

(1346)
(1022)
(980)
(752)
(198)
(188)
(155)
(123)
(113)
(83)
(73)
(65)
(64)
(55)
(45)
(33)
(18)
(15)
(8)
(6)

ブログ解析

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
日々の出来事

画像一覧