【 読み終えた本:know 】9月7日

 『know』野崎まど:著 (ハヤカワ文庫JA)

 2013年7月発行。文庫書下ろし。ハヤカワ文庫を買ったのは、1996年4月発行の原 寮:著の『私が殺した少女』以来。そちらはまだ積読状態ですが……。で、なぜか本の大きさが変わっています。縦の長さが今のほうが5ミリ長くなってます。定型の文庫本のブックカバーが合いません。刊行に17年の隔たりがあると、当然値段は『私が殺した少女』よりも70ページ薄くなっていても100円以上高くなってます。元々、ハヤカワ文庫と創元推理文庫は他の文庫よりも値段が少し高いイメージですが、文庫書下ろしなら仕方がないかも。

 さて、ここからが感想です。
 とても面白かったです。野崎まど節が炸裂の作品で、とても楽しめました。今年読んだ本の中でも、面白さは、かなり上位です。ラスト1行の衝撃がすごいです。
 ジャンルはミステリィじゃなくてSFですが、ミステリィの手法を使っています。そしてテーマは「(究極の)知識」です。
 ほかのラノベ作品とは文体を変えてきましたが、ラノベの書き癖が残っているのが残念でした。又、ワープロ変換ならではの難読漢字を使っているのも残念でした。インターネットの技術や環境がかなり進んだ未来という舞台設定なので、平仮名にするかカタカナにするほうが、しっくりきます。
 小説としての”つかみ”が裏表紙の粗筋でバラされていた事も残念でした。でも、つかみの部分を回避して、粗筋を紹介する事は難しいのですが……。
 トム・クルーズ主演の映画『マイノリティ・リポート』を見ていると、ネットから情報を得る部分の文章の情景が頭に浮かびやすいです。僕は偶然、つい最近その映画を見たので、とても助かりました。
 この作品にも、ちょっと変わった女性(少女)と天才が出てきます。というよりも、主要登場人物は、天才と秀才だけです。
 2081年の日本という時代設定からすると、メディアワークス文庫から出ている他の作品と世界が繋がるかもしれません。野崎まど氏ならやりかねません。
 映画『マトリックス』、アニメ『サマーウォーズ』や『エヴァンゲリヲン』を彷彿とさせる派手なバトルシーンもあり、濡れ場もありで、映画化すると面白いと思いました。もしかしたら、作者自身も映画やアニメでの映像化を狙っているのかもしれません。


a0154706_12224971.jpg
▲大阪府吹田市 吹田まつり にて。
使用カメラ:Canon EOS 30D
使用レンズ:レンズ:EF28〜105ミリ F3.5-5.6 IS USM
[PR]
by chel-c2009 | 2013-09-07 12:23 | 読書


風景スナップと日常と趣味


by chel-c2009

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

自己紹介

2009年12月24日開設

関西在住
性別:男性

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【趣 味】
☆写真撮影

ポはポートレートのポ
↑ポートレートのブログ

mixi
↑風景スナップの
アルバムがあります。


◆撮影機材
 キヤノン
  パワーショットG9
 キヤノン
  パワーショットG16
 キヤノン
  IXY DIGITAL 220 IS
 キヤノン
  EOS30D

☆読書(推理小説)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【好きなもの】
 漫才、落語などの演芸
 動物(特に猫)

カテゴリ

全体
写真
スナップ
読書
雑談
落語
未分類

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
more...

最新の記事

【グリーティング】2月5日
at 2017-02-05 12:07
【 年賀2017 】1月1日
at 2017-01-01 00:25
【とりあえず写真を】10月22日
at 2016-10-22 08:15
【いつまで、この暑さは続くの..
at 2016-08-17 23:50
【サマーグリーディング201..
at 2016-07-21 23:15

検索

タグ

(1346)
(1021)
(979)
(752)
(198)
(188)
(155)
(123)
(113)
(83)
(72)
(65)
(64)
(55)
(45)
(33)
(18)
(15)
(8)
(6)

ブログ解析

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
日々の出来事

画像一覧