【 読み終えた本:聖遣の天使 】9月19日

 『聖遣の天使』三雲 岳斗[みくも がくと]:著(双葉文庫)

 15世紀のイタリアを舞台にした、レオナルド・ダ・ヴィンチが探偵役の推理小説です。湖畔に立つ城館の壁に磔[はりつけ]の状態で死んでいた城主。ロープで吊るしたりすることができない状況で、誰がどうのようにして磔にしたのか。発見された時に出現した天使の謎。香炉の煙が聖母マリアの姿になる奇跡の謎。

 癖のある三人のキャラクタ(探偵役のダ・ヴィンチとふたりのワトソン役)の造形がうまいです。ライトノベルス出身の作者ならでは、です。
 でも、キャラを優先するあまり、ときどき視点人物の描写が乱れます。また、会話文の繋ぎ方に癖があるために、誰のセルフか分りにくい事が多かったです。
 そして、外国が舞台なので、登場人物が相手の名前をファーストネームで呼ぶので、地の文が苗字(ファミリィネーム)で表記され、会話文は名前(ファーストネーム)になってしまい、誰が誰やら判りずらかったです。なので、登場人物表を付けて欲しかったです。
 磔の謎は、すぐにわかりました。というのも、同じトリックの小説をすでに読んでいたからです。ほかの謎も何となく想像できました。時代設定に合った謎でした。
 きちんとした伏線がほとんどなく、探偵役のダヴィンチが神のごとく事件を解決するパターンなので推理小説としては弱い気がしましたが、キャラの造形が巧いので、物語としては楽しめました。
 物語のテイストは島田 荘司氏の御手洗 潔シリーズの初期の中・短編を彷彿とさせます。舞台を現代にして、ダ・ヴィンチの替わりに御手洗 潔を活躍させても違和感が無い気がしました。


 ところで、きょう9月19日は”苗字の日”だそうです。毎日、何かしらの記念日があってびっくりします。

a0154706_8525216.jpg
▲▲大阪府内にて。
《”クレオパトラのため息”理論》じゃないですが、
ダ・ヴィンチの時代から空と雲も変わっていないはず…。
使用カメラ:キヤノン IXY 220 IS
画像をクリックすると少しだけ拡大表示されます。
[PR]
by chel-c2009 | 2010-09-19 08:56 | 読書


風景スナップと日常と趣味


by chel-c2009

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

自己紹介

2009年12月24日開設

関西在住
性別:男性

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【趣 味】
☆写真撮影

ポはポートレートのポ
↑ポートレートのブログ

mixi
↑風景スナップの
アルバムがあります。


◆撮影機材
 キヤノン
  パワーショットG9
 キヤノン
  パワーショットG16
 キヤノン
  IXY DIGITAL 220 IS
 キヤノン
  EOS30D

☆読書(推理小説)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【好きなもの】
 漫才、落語などの演芸
 動物(特に猫)

カテゴリ

全体
写真
スナップ
読書
雑談
落語
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...

最新の記事

【さくら】4月9日
at 2017-04-09 15:19
【グリーティング】2月5日
at 2017-02-05 12:07
【 年賀2017 】1月1日
at 2017-01-01 00:25
【とりあえず写真を】10月22日
at 2016-10-22 08:15
【いつまで、この暑さは続くの..
at 2016-08-17 23:50

検索

タグ

(1346)
(1022)
(980)
(752)
(198)
(188)
(155)
(123)
(113)
(83)
(73)
(65)
(64)
(55)
(45)
(33)
(18)
(15)
(8)
(6)

ブログ解析

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
日々の出来事

画像一覧