【 読み終えた本:誰のための綾織 】5月24日

 『誰のための綾織[だれのためのあやおり]』
 飛鳥部 勝則[あすかべ かつのり]:著(原書房:刊)

 単行本で、初版は2005年5月です。僕の嫌いな誘拐物だったので本来なら好きな作家の作品でも文庫本になるまで待つのですが、この作家の本は文庫化されないことが多いのでとりあえず買いました。
 しかし、誘拐物だったので読む気がせずに5年が経ってしまいました。そのあいだに、ある漫画作品からの盗作が問題になり、この小説は闇に葬られてしまったので、結局は単行本で買っていて正解でした。

 複数の女子高校生と教師が拉致されて無人島に拉致監禁されます。拉致されたのは誘拐犯から恨みを買ったから。でも、誘拐犯はうらみがあって誘拐した人たちを殺しません。懲らしめるだけで解放するつもりだということに、まず違和感がありました。普通は拉致に成功したらうらみがあるなら殺すだろうと思うのでが…。しかも、拉致された人は殺されても仕方がないような事をやっているのですから。この違和感のある設定はトリックなどに繋がっておらず、ストーリィのための作者都合です。
 やがて、誘拐された人たちが次々と殺されます。でも、誘拐犯は殺していないと言い張ります。密室殺人もあります。物語は誘拐された人物の視点で大部分が進みますが、殺されても仕方がない人物なので感情移入が出来ません。探偵役の人物も不自然に感じました。
 拉致された人には、ひとりずつにひと部屋が与えられますが、まず最初に仲間がひとり殺された時点で、残された人はひとつの部屋に集まって殺人犯からの次の攻撃に備えるが普通だと思うのですが、そうはせずにひとりで過ごす事にも違和感を覚えました。こちらも作者都合です。
 このように作者都合の不自然さが鼻につくのですが、感想としてはトリッキィで面白かったです。作者都合の不自然さはこの作者にはよくある事なので、その時点で読むのをやめる事をせず、我慢して読み進めると最後はサプライズが訪れます。ジャンルとしては伏線がちゃんと張られた本格物と言えると思います。


a0154706_20534779.jpg
▲大阪市内にて。たぶん、兄妹。近くで両親らしき大人がお弁当を食べていました。
使用カメラ:キヤノン IXY 220 IS
画像をクリックすると少しだけ拡大表示されます。
[PR]
by chel-c2009 | 2010-05-24 20:56 | 読書


風景スナップと日常と趣味


by chel-c2009

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

自己紹介

2009年12月24日開設

関西在住
性別:男性

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【趣 味】
☆写真撮影

ポはポートレートのポ
↑ポートレートのブログ

mixi
↑風景スナップの
アルバムがあります。


◆撮影機材
 キヤノン
  パワーショットG9
 キヤノン
  パワーショットG16
 キヤノン
  IXY DIGITAL 220 IS
 キヤノン
  EOS30D

☆読書(推理小説)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【好きなもの】
 漫才、落語などの演芸
 動物(特に猫)

カテゴリ

全体
写真
スナップ
読書
雑談
落語
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...

最新の記事

【さくら】4月9日
at 2017-04-09 15:19
【グリーティング】2月5日
at 2017-02-05 12:07
【 年賀2017 】1月1日
at 2017-01-01 00:25
【とりあえず写真を】10月22日
at 2016-10-22 08:15
【いつまで、この暑さは続くの..
at 2016-08-17 23:50

検索

タグ

(1346)
(1022)
(980)
(752)
(198)
(188)
(155)
(123)
(113)
(83)
(73)
(65)
(64)
(55)
(45)
(33)
(18)
(15)
(8)
(6)

ブログ解析

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
日々の出来事

画像一覧